FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きれいなお肌を作るなら赤いお肉をたべなさい

どうも、歯科医師の手塚 充樹です。


先日は、消化管・粘膜・皮膚科のセミナーに出席してきました。

医師が120名以上集まるとても人気な講習会です。

歯科医師はお見かけしただけでも1割に満たない比率でした。


口腔内も消化管だし何か参考になればと思い出席させて頂いたのですが、結果的に最高に有意義でした。

『きれいなお肌をつくるなら「赤いお肉」を食べなさい』という著書をお持ちの、柴 亜伊子 先生もご登壇されていました。

View this post on Instagram

赤身肉が赤いのは鉄分、血液豊富な証拠。 ニュージーランド産グラスフェッド(牧草飼料)ビーフ300gのステーキ。 スーパーで入手して家で焼くのが一番^^ グラスフェッドビーフの赤身肉は脂が少なくてペロッと食べれる感じ。 身体にも良いとくれば最高です。 #肉#ステーキ#赤身#グラスフェッド #ヒトは口から老いる#予防は食事から #アンチエイジング#抗酸化#抗糖化 #テヅカ歯科クリニック#ジンデンタルクリニック#歯医者#新橋#内幸町#川崎#東京 #beef#steak #newzealand #grassfed #biohack #tokyo#japan#dentist

手塚 充樹 Mitsuki Tezukaさん(@mitsuki.tezuka)がシェアした投稿 -

  


写真は私がたまに食べるようにしている赤身の牛肉、ニュージーランド産のグラスフェッドビーフです。
麻布のニッシンというスーパーで売っていますが、いきなりステーキを食べるより安く300g超のお肉をゲット出来ますよ。


目次

お口も消化管

消化する準備は食べ物を想像した瞬間から始まる

胃炎とピロリ菌と歯周炎の関係

粘膜は吸収のために必要、皮膚はその結果

ビタミンは足し算、ミネラルはバランスが肝心

GFCF(グルテンフリーカゼインフリー)は不可欠

口腔粘膜の話に戻ると




お口も消化管




お口も消化管です。

私が担当する歯科領域から始まり、しっかりと咀嚼された食べ物は、唾液と混じって食塊(しょっかい)となり食道→胃腸へと流れていきます。

消化する準備は食べ物を想像した瞬間から始まる




食べ物を消化する行為は、口に入れる前、食べ物を見たり、匂いを嗅いだり、想像したりしただけでも準備が始まります。


好物を想像するだけでも、脳から司令がいってインスリンというホルモンが分泌されたりすることも知られています。


コンビニでスイーツ選びをしている最中や、どこか美味しそうなお店の前を通った時など、身体は反応し、食べ物を消化する準備を始めるというわけです。


胃炎とピロリ菌と歯周炎の関係




萎縮性胃炎といって、胃の症状とピロリ菌の関わりが指摘されています。

ピロリ菌の除菌によって胃の症状を改善しようというやつですね。

ピロリ菌はヘリコバクター属に所属している細菌です。

最近は、非ピロリ性の萎縮性胃炎もあることがわかっており、ピロリ菌とは呼ばず、ヘリコバクターと総称として呼ぶようになってきているという話もあります。


実は、ヘリコバクターはお口の中にも存在します。


主に、カンジダというカビの菌などのイーストの中にいることがわかっており、

歯のクリーニングをして全体の歯石取りをやったあとに胃炎が起きる方がいますが、

その理由が、お口の中から胃の方へ流れていったヘリコバクターだという可能性が示唆されています。

カビの菌のそばでヘリコバクターが守られてしまっているため、抗生物質で除菌しようと思っても効かないことがわかっています。


口腔内にも胃炎の引き金となるような菌が潜んでいることがあるので、お口のクリーニングは、胃を守るためにも重要ですよね。


粘膜は吸収のために必要、皮膚はその結果




美肌を獲得したい場合、なにかを「塗る」ことを意識しがちだとは思いますが、皮膚科の先生いわく、塗ってもいいが本当の美肌は栄養素から解決していかないと獲得できないそうです。


消化粘膜の状態を整えてあげることは、消化吸収を良くします。

胃腸粘膜のバリアを整えることによって、無駄に毒素を取り込んでしまうことを防ぎます。

ビタミンは足し算、ミネラルはバランスが肝心



皮膚は、消化粘膜から消化吸収した「結果」でもあるので、日頃から過剰に糖質を摂りすぎないように、良い脂をとり、ビタミンを多く摂取して、ミネラルはバランスを意識する。


また、消化粘膜の状態を良くするにはアミノ酸や食物繊維など栄養素が必要です。

GFCF(グルテンフリーカゼインフリー)は不可欠




食欲のコントロールや腸内細菌を整えるためにも、糖質はコントロールしていく必要があります。


ただただ糖質を減らし、いつも通りの食生活から何も変えなかったら……


ただのガス欠になってしまいます。


糖質を減らした分、キチッと多価不飽和脂肪酸(主にオメガ3系の脂質)やタンパク質を摂取して、エネルギー不足は防ぐことがよい循環を生みます。


口腔粘膜の話に戻ると




お口の中でも、舌がヒリヒリしたり痛かったり、味がわかりにくかったり口内炎ができやすい、歯ぐきから出血しやすい、粘膜が弱い、、など


粘膜や歯や歯ぐきも何かしらのサインを出してくれます。


私が担当する歯科でも、そんなサインを敏感にキャッチしながら診療にあたることで、皆さんの健康の手助けができると考えています。



-------------------------------------------------------------
手塚 充樹 
Mitsuki Tezuka
歯科医師 博士(歯学)
D.M.D. Ph.D.
ジンデンタルクリニック院長
テヅカ歯科クリニック勤務
Instagram http://instagram.com/mitsuki.tezuka
Blog http://getmentalfreedom100.blog.fc2.com

=================================
テヅカ歯科クリニック
〒105-0004 東京都港区新橋3-4-8 昌栄ビル2F
TEL 03-3503-1182
FAX 03-3501-0355
URL tezuka-dc.com

==================================
ジンデンタルクリニック
〒210-0006 神奈川県川崎市川崎区砂子2-1-14 2F
TEL 044-210-0019
FAX 044-210-0019
URL jin-dc.com
Instagram http://instagram.com/jin.dental
   

スポンサーサイト

歯の神経をなるべく取りたくない

歯科医師の手塚 充樹です。

久しぶりに更新します。

今日の内容は、「なるべく歯の神経を取らないためにできること」をテーマにお話ししたいと思います。

歯の神経を取る治療は、治療する方もされる方も大変


皆さんは、歯の神経を取る処置の時に苦労された経験はありませんか。

私は少なくとも、「歯の神経を取った時、すごく痛くて苦労した」というようなフレーズを患者さんから伺うことがけっこうあります。

もしくは、神経を取り除いたあと、治療が完了してから数年後に同じ歯が痛み出したりしたことはありませんか??


歯の神経を取らずになんとかできないのか



歯の神経を取らずに何とかする方法があれば・・・と思いますよね。

実は、神経に到達する手前の状態で痛みが出ているような場合、神経を残して処置ができる材料があります。


歯の神経を取らずに治療するために使える材料


過去にも、神経を残してなんとかしようとする考えはあり、主に水酸化カルシウム製剤などが用いられてきました。

しかしながら、虫歯を削っている最中に、偶発的に神経が飛び出てしまった場合に有効なのがこの方法です。しかも、年月が経つと吸収されてしまったり、強度がないので形を保っていられなかったり問題点はあります。

結果的には、虫歯が進行しすぎていると、神経を取る以外に方法がないのが現状でした。

しかし、ドックベストセメントMTAセメントを用いることにより、従来よりも歯の神経を温存できる可能性が高まることがわかってきています。


ドックベストセメントに関しては、少なくとも自分の患者さんやドックベストセメントを使用している先生方のあいだでは、正しく扱えば成功率はかなり高く、歯の痛みが治まり、神経を残すことが可能となっています。


MTAセメントについても同様に、歯の神経を残すために有用であり、歯の根がシャープに割れてしまった場合に、割れた歯を接着させてMTAセメントでくるんだりしてあげると保存ができたり、素晴らしい効果があることがわかっています。


細胞が修復する力を促す

ドックベストセメントやMTAセメント。お気軽にお問い合わせください。



神経を取らない方がよい理由は、治療が大変だからというだけではない



日本では、多くの場合、冷たい水にしみる症状が治まらなかったり、暖かいものでもしみるような症状が出ている場合は、歯の神経を取る処置を行うことが多いです。

しかし、この神経を取り除く処置の段階でかなりちゃんと無菌的な処置を行わないと、何年後かに再発をしてしまうことが、特に日本では多いことがわかっています。

神経を取る治療をする時は、身体の内部(神経)が身体の外部(お口の中)に露出しますので、しっかり治療を行う必要があります。


しかし、日本の保険医療体制では、なかなか根の治療に対してそこまで時間をかけたり最新の機器を駆使することは難しくなっております。
日本には、根の治療を専門として自由診療のみで治療をする医院も増えてきているように感じます。



根の治療が終わった歯が数年後に再発した時がやっかい





根の治療が終わり、その後の土台の素材や、被せ物の素材によっても、治療後の感染のリスクが変わることがわかっています。


しかし、根の治療を保険でやったあと、土台を金属で入れたり、その上に金属のかぶせ物を装着することが今までは特に多かったです。

種類の違う金属が隣り合わせになると、イオンの差がうまれて、のちのち細菌を歯の中に送り込んでしまうこともわかっています。


根の先の方へ細菌が送り込まれ、根の先で膿の袋を作ったりしてしまった時がとてもやっかいです。


その細菌が実は身体の方へ送り込まれてしまい、心臓の血管の病気を引き起こしている可能性が示唆されています。


歯の神経を取った後は、むし歯が進行したりしても症状がないので気づきにくく、私の感覚からするとかなり危険な状態に思えてしまいます。


少なくとも、自分の歯にはそんな治療はしたくないです。


みなさんも、ご自身の歯のことを真剣に考えて、今後のお身体の健康のためにも、ちゃんとした歯の治療を行うことをおすすめします。




-------------------------------------------------------------
手塚 充樹 
Mitsuki Tezuka
歯科医師 博士(歯学)
D.M.D. Ph.D.
ジンデンタルクリニック院長
テヅカ歯科クリニック勤務
Instagram http://instagram.com/mitsuki.tezuka
Blog  http://getmentalfreedom100.blog.fc2.com

=================================
テヅカ歯科クリニック
〒105-0004 東京都港区新橋3-4-8 昌栄ビル2F
TEL 03-3503-1182
FAX 03-3501-0355
URL tezuka-dc.com

==================================
ジンデンタルクリニック
〒210-0006 神奈川県川崎市川崎区砂子2-1-14 2F
TEL 044-210-0019
FAX 044-210-0019
URL jin-dc.com
Instagram http://instagram.com/jin.dental





Profile

手塚 充樹

Author:手塚 充樹
歯学博士 趣味:バスケットボール 栄養 音楽
現在開業準備中

Latest journals
Latest comments
Monthly archive
Category
counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。