幸福寿命を延ばす!歯科のパワー!

歯科医師の手塚 充樹です。


今回のブログは「幸福寿命」についてです。


よく使われる言葉としては似ているものに「健康寿命」があります。

人が亡くなるまでの期間は寿命ですが、幸福寿命は人が幸福感を持っていられる期間を表す言葉、健康寿命は人が健康感を持っていられる期間を表す言葉。


先日、参加してきた「百寿社会の展望」シンポジウムで用いられていた言葉が「幸福寿命」です。



人が幸福感・健康感を実感する理由を、長寿の方々にアンケート調査をしたところ、

1位 病気がないこと
2位 美味しく飲食ができること

だったそうです。

病気については様々な病態が考えられるため、要因が多くあがりますが、

美味しく飲食ができることに関して言えば、なんとなく、健康な歯があれば実現できそうですよね。

もちろん、精神的な背景として、家族など自分以外に一緒に飲食してくれる仲間がいることも大事でしょう。

経済的な背景として、自分が食べたいものを購入したり、飲食店でサービスを受けたりするために資金があることも大事だと思います。



噛める人と噛めない人の食べれるもの・食べれないもの


例外的に、歯がある程度しか残っていなくても、残っている歯を使って上手に飲食されている高齢の方を拝見した記憶があります。それもそれでありだと思います。


が、一般的には

よく噛める人と噛めない人では、以下の図のようになります。




よく噛める人→ タンパク質・良質な脂質・ミネラル・ビタミンを摂取できる量が多い。

噛めない人→ 糖質の割合が増え、その他の栄養素が不足しがちになる。


噛めない人が低タンパク栄養を続けることで身体の中のアミノ酸を使い始めてしまうので、筋肉が痩せてきます。

結果的に、高齢の方がつまづきやすくなったり、転倒して骨折してしまったりするリスクが高まる可能性が示唆されます。

骨折してすぐ治ればラッキーですが、場合によってはかなり後の生活に支障をきたすこともありますので注意が必要です。


100歳以上生きる人の割合が増加


今までの日本と違い、今後は国民の寿命が延び、100歳以上まで生きる方が増えると言われています。

予測では、先進国では2007年以降に産まれた人は100歳以上まで生きる人が50%はいるだろうということも言われています(日本は107歳以上)。

そんな時に考えなきゃならないのは、100年ある人生の中で何歳まで仕事をし、どのように生きていくのか。


ライフプランの変革

ライフプランが今までとは大きく変わってくるということです。

仕事も一種類に限らず複数の仕事をしたり、生き方も改革が起こってくると言われています。


医療業界もパラダイムシフトが起ころうとしている


医療業界もまさに、パラダイムシフトが起ころうとしていて、対症療法に偏った医療や入院に頼った医療では限界があることがわかってきています。


そこには、

医療を提供する方の私たち側の変革もそうですし、

医療を受ける側の人達も今までの意識を変えていく必要性が求められています。


「何か問題が起きたらその時は医者に診てもらえばいい」

「病気になっても、その病気に効く薬を出してもらえば治る」

「歯科医院は歯が痛くなったり、歯ぐきが腫れたら行くもの」


といった感じで、今の一般的な感覚では、問題が起こってから行くのが病院というのが普通かと思います。


歯科が全身の健康のキーパーとなって幸福寿命を守る

歯科に患者さんが訪れた時、(患者さんの目的は歯の痛みを取り去ることだっとしても……)食生活や習慣や全身の状態から、全身の問題点を検出できることが多くあります。



私たちが担当しているお口の病気もそうですが、私たちプロの目から見たら問題が起こっていたとしても、患者さん本人は何も痛みは感じていないことがあります。


病気の元が身体の中に出来てから、発症するまでは約20年かかると言われています。


今の身体の状態が元気だと思えても、20年後の発症に向けて動き出してしまっている可能性もあるのです。


私はそのために全身のことについての知識を日々増やしています。

具体的には、血液検査の状態から現在の栄養状態を評価したり、唾液の酸性度など質を調べたり、お口の中のデータだけではなく、全身のデータとなるものを拝見させていただいて今後どのようなことに気をつけて行くべきかをアドバイスさせていただきます。


口を全身の一部としてとらえた診療の質を高めていくため、今後も知識をアップデートしていく方針です。




それぞれの人がそれぞれの人に合った形で、生き生きと長く、健康で幸福な生活を永く維持できるように、ぜひ全身予防歯科を活用してみてください^^



-------------------------------------------------------------
手塚 充樹 
Mitsuki Tezuka
歯科医師 博士(歯学)
D.M.D. Ph.D.
ジンデンタルクリニック院長
テヅカ歯科クリニック勤務
Instagram mitsuki.tezuka


=================================
テヅカ歯科クリニック
〒105-0004 東京都港区新橋3-4-8 昌栄ビル2F
TEL 03-3503-1182
FAX 03-3501-0355
URL tezuka-dc.com

==================================
ジンデンタルクリニック
〒210-0006 神奈川県川崎市川崎区砂子2-1-14 2F
TEL 044-210-0019
FAX 044-210-0019
URL jin-dc.com

   


スポンサーサイト

予防補綴のススメ。~むし歯治療にセラミックをうまく活用しよう~

どうも、歯科医師の手塚 充樹です。

今回のテーマは題して

「予防補綴のススメ。~むし歯治療にセラミックをうまく活用しよう~」です。

なぜ、予防とセラミックが関係あるのか

なぜ、こんな記事をつくるのかというと、セラミックで歯を治すことの利点は見た目の改善だけが目標ではないからです。


なんとなくセラミックと聞くと、「前歯の治療に使うものでしょ」とか、「奥歯はあまり他人から見えないしセラミックは入れなくても良いかな」とか考える方もいらっしゃるかと思います。

しかし、もっと患者さんの「身体」に対して意味のあることなんです。

それは、セラミックは、天然の歯と似ているからです。

以下、その理由を5つにまとめてみました。

セラミックが天然の歯と似ている理由。


1.歯ぐきと仲良し

銀歯の被せ物が入ると、歯ぐきは経年的に下がってくることが多いです。銀歯のそばが真っ黒になっていることもよくあります。

それに対して、セラミックは適切な形で被せ物を作れば、むしろ歯ぐきが増えてくることも知られています。

擬似エナメル質(ヒトの歯の表面にある結晶構造の石のような部分をエナメル質と呼びます)と呼ばれることもあるくらい、歯のモノマネをしてくれるため、歯ぐきがあたかも自分の天然歯と勘違いしているかのごとく、寄り添ってくれます。



2.温度変化から受ける影響が似ている

私たちのお口の中は、体温と違って、実に温度変化が激しい場所です。

体温って、熱が出たりしても大体3℃くらいの違いですよね。

お口の中に入る、食べ物や飲み物の温度って、場合によっては熱いスープなどは80℃くらいだったり、氷水は4℃くらいだったり、かなり温度差がありますよね。

実は、加熱膨張といって、私たちの歯や詰め物は、加熱によって膨らんでいます。

そのため、日々起こる温度変化によって、寸法(サイズ)変化を繰り返し、詰め物が歯からズレてきて、隙間があき、接着剤が唾液で溶かされ、新たなむし歯を作ってしまうこともあります。


そんな日々のサイズのズレを最小限に抑えてくれるのがセラミックです。

セラミックは加熱膨張する度合いが歯に似ているため、日頃の温度変化でズレてくる心配が少ないと考えられています。



3.アレルギーを起こさない

お口の中に起こるアレルギーとして、金属アレルギーというものがあります。

日本の歯科医療で使われている銀歯の素材は「金銀パラジウム合金」というものがほとんどで、色んな金属が合わさってできています。

その中でも、パラジウムを含んだ銀歯については、最近ドイツやヨーロッパ諸国では、注意喚起が出されています。

子供やこれから妊娠する若い女性などには入れないようにしようというもので、アレルギーのリスクを心配しているのです。


すでに銀歯が入っている方でも、アレルギーの症状が出ていない方もいらっしゃるかと思います。

アレルギーの発症は急に訪れます。アレルギーはコップに溜まっていく水の話で例えられることがあります。

みんな人それぞれアレルギーに対して耐えられるキャパシティーがあり、それを上回った時にアレルギーが発症するという考え方です。

お口の中に銀歯が入っていると、歯や食べ物で擦れたりして、金属の破片が口腔粘膜(頬の内側など)から吸収されています。

粘膜は皮膚よりも物質を吸収してしまうため、皮膚に金属を接触させているよりもリスクが高いと考えられます。


その点、セラミックはアレルギーを起こすリスクがとても低いと言えます。



4.歯とよく接着する

金属との比較になりますが、金属のつめ物やかぶせ物は、歯とそんなに良くつきません。


よく、古くなった銀歯を除去する時に、ある程度削ると、はじけ飛ぶ様にボロっと取れることがあります。

もう、ほとんど歯とは接着していない証拠ですし、接着剤もそれだけ溶けて失われるということです。


その点、セラミックは歯とよく接着します。

逆にしっかり接着させないと、セラミック本来の強度や耐久性を発揮できないとも言われています。

よく接着するということは、それだけ新たなむし歯に繋がりにくいといえます。



5.硬さが似ている


セラミックの中でも、強化型ガラスセラミックと言われるものは、硬さも歯と近いです。

天然の歯も、長い年月が経ったりすればすり減ってきます。

あまり歯より硬すぎたりすると、天然の歯だけがすり減って(酸による場合もある)、つめ物が相対的に浮いてしまうことがあります。


セラミックのようになるべく歯と似ている素材を治療に用いることで、

歯と一体化してくれ、身体に優しく、新たなむし歯を作りにくいお口の中を作っていくのに強力な助けとなってくれるはずです。



これから、新たにむし歯を作りたくない方はぜひ参考にしてみてください。




-------------------------------------------------------------
手塚 充樹 
Mitsuki Tezuka
歯科医師 博士(歯学)
D.M.D. Ph.D.
ジンデンタルクリニック院長
テヅカ歯科クリニック勤務
Instagram mitsuki.tezuka

=================================
テヅカ歯科クリニック
〒105-0004 東京都港区新橋3-4-8 昌栄ビル2F
TEL 03-3503-1182
FAX 03-3501-0355
URL tezuka-dc.comホームページ

==================================
ジンデンタルクリニック
〒210-0006 神奈川県川崎市川崎区砂子2-1-14 2F
TEL 044-210-0019
FAX 044-210-0019
URL ホームページ
Instagram jin.dental