幸福寿命を延ばす!歯科のパワー!

歯科医師の手塚 充樹です。


今回のブログは「幸福寿命」についてです。


よく使われる言葉としては似ているものに「健康寿命」があります。

人が亡くなるまでの期間は寿命ですが、幸福寿命は人が幸福感を持っていられる期間を表す言葉、健康寿命は人が健康感を持っていられる期間を表す言葉。


先日、参加してきた「百寿社会の展望」シンポジウムで用いられていた言葉が「幸福寿命」です。



人が幸福感・健康感を実感する理由を、長寿の方々にアンケート調査をしたところ、

1位 病気がないこと
2位 美味しく飲食ができること

だったそうです。

病気については様々な病態が考えられるため、要因が多くあがりますが、

美味しく飲食ができることに関して言えば、なんとなく、健康な歯があれば実現できそうですよね。

もちろん、精神的な背景として、家族など自分以外に一緒に飲食してくれる仲間がいることも大事でしょう。

経済的な背景として、自分が食べたいものを購入したり、飲食店でサービスを受けたりするために資金があることも大事だと思います。



噛める人と噛めない人の食べれるもの・食べれないもの


例外的に、歯がある程度しか残っていなくても、残っている歯を使って上手に飲食されている高齢の方を拝見した記憶があります。それもそれでありだと思います。


が、一般的には

よく噛める人と噛めない人では、以下の図のようになります。




よく噛める人→ タンパク質・良質な脂質・ミネラル・ビタミンを摂取できる量が多い。

噛めない人→ 糖質の割合が増え、その他の栄養素が不足しがちになる。


噛めない人が低タンパク栄養を続けることで身体の中のアミノ酸を使い始めてしまうので、筋肉が痩せてきます。

結果的に、高齢の方がつまづきやすくなったり、転倒して骨折してしまったりするリスクが高まる可能性が示唆されます。

骨折してすぐ治ればラッキーですが、場合によってはかなり後の生活に支障をきたすこともありますので注意が必要です。


100歳以上生きる人の割合が増加


今までの日本と違い、今後は国民の寿命が延び、100歳以上まで生きる方が増えると言われています。

予測では、先進国では2007年以降に産まれた人は100歳以上まで生きる人が50%はいるだろうということも言われています(日本は107歳以上)。

そんな時に考えなきゃならないのは、100年ある人生の中で何歳まで仕事をし、どのように生きていくのか。


ライフプランの変革

ライフプランが今までとは大きく変わってくるということです。

仕事も一種類に限らず複数の仕事をしたり、生き方も改革が起こってくると言われています。


医療業界もパラダイムシフトが起ころうとしている


医療業界もまさに、パラダイムシフトが起ころうとしていて、対症療法に偏った医療や入院に頼った医療では限界があることがわかってきています。


そこには、

医療を提供する方の私たち側の変革もそうですし、

医療を受ける側の人達も今までの意識を変えていく必要性が求められています。


「何か問題が起きたらその時は医者に診てもらえばいい」

「病気になっても、その病気に効く薬を出してもらえば治る」

「歯科医院は歯が痛くなったり、歯ぐきが腫れたら行くもの」


といった感じで、今の一般的な感覚では、問題が起こってから行くのが病院というのが普通かと思います。


歯科が全身の健康のキーパーとなって幸福寿命を守る

歯科に患者さんが訪れた時、(患者さんの目的は歯の痛みを取り去ることだっとしても……)食生活や習慣や全身の状態から、全身の問題点を検出できることが多くあります。



私たちが担当しているお口の病気もそうですが、私たちプロの目から見たら問題が起こっていたとしても、患者さん本人は何も痛みは感じていないことがあります。


病気の元が身体の中に出来てから、発症するまでは約20年かかると言われています。


今の身体の状態が元気だと思えても、20年後の発症に向けて動き出してしまっている可能性もあるのです。


私はそのために全身のことについての知識を日々増やしています。

具体的には、血液検査の状態から現在の栄養状態を評価したり、唾液の酸性度など質を調べたり、お口の中のデータだけではなく、全身のデータとなるものを拝見させていただいて今後どのようなことに気をつけて行くべきかをアドバイスさせていただきます。


口を全身の一部としてとらえた診療の質を高めていくため、今後も知識をアップデートしていく方針です。




それぞれの人がそれぞれの人に合った形で、生き生きと長く、健康で幸福な生活を永く維持できるように、ぜひ全身予防歯科を活用してみてください^^



-------------------------------------------------------------
手塚 充樹 
Mitsuki Tezuka
歯科医師 博士(歯学)
D.M.D. Ph.D.
ジンデンタルクリニック院長
テヅカ歯科クリニック勤務
Instagram mitsuki.tezuka


=================================
テヅカ歯科クリニック
〒105-0004 東京都港区新橋3-4-8 昌栄ビル2F
TEL 03-3503-1182
FAX 03-3501-0355
URL tezuka-dc.com

==================================
ジンデンタルクリニック
〒210-0006 神奈川県川崎市川崎区砂子2-1-14 2F
TEL 044-210-0019
FAX 044-210-0019
URL jin-dc.com

   


スポンサーサイト

家庭内でお口をキレイにするPOICウォーターとは

歯科医師の手塚充樹です。

今回は、ポイックウォーターのご紹介。

自分も自宅で、歯磨きのときに使っています。



POICとは、専門的口腔感染制御(Professional Oral Infection Control)の略です。

純水と塩を混ぜ、電気分解させることで次亜塩素酸イオンを生じさせた、いわゆる『機能水』です。

人間の健康を維持したり、お口の中に生じる問題を解決するために、このお水の効果に注目しています。

今回はその可能性や効果についてお話したいと思います。


【お口の中の病気は感染症(?)】

ヒトと一緒に共存している細菌数は約40兆個とも言われており、主に消化管(口、食道、胃、腸など)に生息しているとされています。

お口の中に起こる病気の2大疾患といわれているのが、「虫歯」と「歯周病」です。

その2つとも、厳密に言うと細菌だけが原因ではなく、身体の細胞環境や食事・栄養、種々のストレスによる影響も受けていることもありますが、菌の影響は大きく、菌の数や質のコントロールによって病態が改善することが少なくありません。 

今回のお話は主に菌に対して向けた内容が主体となります。


効果その1
タンパクを分解(バイオフィルムを壊す)


POICウォーターは、タンパク分解型の電解水と言われており、『タンパク分解』ができるということがお口の中の健康を守るために大きな効果をもたらしてくれる可能性があります。

それには、お口の中に住む細菌が形成する『バイオフィルム』といういわゆる細菌が自分の身を守るために作った『バリアー』や『家』が関与しています。



 

歯の表面の磨き残しを、約16時間ほど放置するとバイオフィルムが形成されるとされており、ネバネバしたバリアーは、抗菌薬の浸透すら防ぐとも言われています。

現在は、バイオフィルムを除去するためにはPMTCといって、歯を直接研磨する方法や、超音波ブラシを使用して歯を磨くなど、機械的除去といわれる方法がメインで考えれらています。

私達歯科医師が、患者さんの虫歯や歯周病発症を防ぐためにいろいろと考えなきゃいけないことがこのバイオフィルムのことです。

ネチョネチョと歯にバイ菌がこびりついているにもかかわらずそれを放置していれば、虫歯病原菌が砂糖を摂取したのちに産生する「酸」によって歯は溶け、虫歯になる可能性が高まります。

家庭でのケアや、歯科医院の中でのケアにより、とにかくこのバイオフィルムを作らないように、歯を磨いたり、歯科医院に通ったりしていく必要があります。

ライオン社が出品している歯磨剤にも、IPMP(イソプロピルメチルフェノール)といってバイオフィルムを溶解する物質が含まれています。

いままで、私はその理由から、患者さんにはライオン社の歯磨剤を勧めていました。

しかし、バイオフィルムの溶解、および殺菌をPOICウォーターがやってくれるため、自分は自宅ではPOICウォーターのブクブクうがいと歯ブラシを合わせた形で歯磨きをしています。

このポイックウォーターを使うと、歯を治療しなければならなくなった歯の本数を減らすことができたという統計データもあります。





もしかしたら、「歯医者は歯を削りたがっている」とか、「歯医者は何か治療をやりたがっている」とか考えていらっしゃる方もおられるかもしれません。

決してそんなことはないのです。私は、患者さんの心境としては、歯科医師に歯を削られたり(場合によっては歯を抜かれたり)されることで、一種の喪失感や悲しい気持ちを味わうこともあるのではないかと考えています。

歯科医院として、悲しい気持ちや不安な気持ちや疑いの気持ちをもって受診されるよりも、楽しみな気持ちやプラスな気持ちを持って受診して頂いたほうが圧倒的に気持ちが良いです。

患者さんの体調や心持ちやご気分などは歯科医院の担当医やスタッフにも確実に伝わります。例えば、最初受診されたときの挨拶のとき「おはようございます」と言ったその瞬間や歩き方、表情や仕草などいろんなところから心身の健康状態が私達に伝わります。

まず、当然ですがプラスの気持ちを持って受診された方は、圧倒的に笑顔であることが多いです。

「Happy People Live Longer」というくらいですから、当然、怯えた気持ちやショックの気持ちを生み出す歯科医院よりも、笑顔や楽しい気持ちを生み出せる歯科医院を作っていきたいと考えています。


効果その2
殺菌力


POICウォーターは、歯科医院での専門的なクリーニングのような効果を、ある程度家庭内でも実現することが期待できます。

お口の中には、常在微生物叢といって、約500~700種類もの細菌がいると考えられています。

その中でも、いわゆる「悪玉菌」「善玉菌」「日和見菌」などがいると考えます。要するに、人間に対して悪いことをしたり、善いことをしたり、普段は特に何もしなかったりといった役割です。

しかし、現在の歯科医科学(2017年現在)では、いわゆる悪玉菌と捉えられるような、「虫歯の病原菌」や「歯周病の病原菌」はわかっていますが、その他の菌の役割については一部の科学者が解明を進めている段階です。

菌の役割については、これから解明が進んでくれば、新たな予防のアプローチが生まれる可能性もあります。

現段階では、定期的に、「口腔内の微生物叢のリセット」を行うことが病気の予防に効果的であると考えられています。

重度な歯周病に罹患している方や、多数歯にわたって虫歯がある方などに限って言えば、いわゆる口腔内の「悪玉菌」がいなくなり、菌数が減れば状況が良くなり、病気の進行を止めたり、遅らせることができます。

そのお口の中の菌数を減らしたりしていく行為には、通常は歯科医院への通院が必要となることや、保険診療の決まりや予約時間枠の長さの問題などで、何回かに分けてお口の中のお掃除を繰り返さなければならないことも少なくありません。

しかし、実は、何回かに分けてお口の中のクリーニングをしても、歯石は除去できるかもしれませんが、残念ながら口腔内の微生物叢までリセットすることは難しいと考えます。

なぜなら、下の前歯だけをキレイにしたとしても、他の歯や舌に付着している菌が唾液に乗っかって浮遊し、また下の前歯の方にも流れてきて定着する可能性がたかいからです。

読者の方の中にも、歯科医院に何回も通って歯のお掃除をしたっていう経験をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

お口の中のお掃除は一気に全体をキレイにしてあげた方が効果が高いです。

以上、簡単ですが今回はPOICウォーターのご紹介でした。

歯ぐきが出血した場合に起こる、お口の中の菌が全身をめぐる「菌血症」や、お口の中の菌が肺に入って引き起こされることもある「誤嚥性肺炎」など、お口の中の菌が引き起こす全身の病気は見逃せないものです。

日頃からお口の中の菌のコントロールをすることや、全身の細胞環境を整えるために、栄養素をしっかり選ぶことなどが、年月をかけて全身の健康に大きな影響を及ぼします。

「ヒトは口から老いる」という言葉が私は気に入っていますが、本当にそのことを証明する事象はどんどんデータとして蓄積されています。

お口の中の健康と全身の健康を皆さんに獲得して頂いて、健康にイキイキと生きれる年数が増えたらとてもうれしいです。




上の図はメタボリックドミノといって、運動不足、栄養不足や歯の健康の破綻が、そのうち下流の方の全身の健康の破綻に繋がるという考えです。

こんなイメージでお口の中の健康を捉えていただけるとわかりやすいかもしれません。

一緒に心身ともに健康な身体を作っていきたいですね。

ちなみに、このPOICウォーターは、導入している歯科医院であれば利用することが可能です。

私は、虫歯を削ったあとの歯の消毒など、患者さんの治療の様々な場面で使用しています。

お口の中で飛散しても飲んでも大丈夫なのに、きれいにできるので非常に重宝しています。


-------------------------------------------------------------
手塚 充樹 
Mitsuki Tezuka
歯科医師 博士(歯学)
D.M.D. Ph.D.
ジンデンタルクリニック院長
テヅカ歯科クリニック勤務

=================================
テヅカ歯科クリニック
〒105-0004 東京都港区新橋3-4-8 昌栄ビル2F
TEL 03-3503-1182
FAX 03-3459-1749
URL tezuka-dc.com
Instagram http://instagram.com/mitsuki.tezuka

==================================
ジンデンタルクリニック
〒210-0006 神奈川県川崎市川崎区砂子1-1-14 2F
TEL 044-210-0019
FAX 044-210-0019
URL jin-dc.com
Instagram http://instagram.com/jin.dental
   



国際歯周内科学研究会総会に出席してきました

歯科医師の手塚充樹です。

国際歯周内科科学研究会という、学会の総会に参加しに大阪まで行ってきました。

主に、今後の歯科医師という職業が担っていくべきことの内容などについて、意義のあるものを提唱していく学会だと思っています。

「従来の歯科医療のあり方に対する問題提起をする。」

というあたりがとても大事なところです。

3人の先生方に講演をしていただき、開始から合わせて、約7時間ぶっ通しで知識を取り込んできました。

糖尿病専門医でいらっしゃる西田亙先生の発表は特に印象に残っております。

ご本人がもともと、歯周炎を抱えており、体重も重く、健康状態が良くなかったところから、

歯周治療を始めたことで、体質が劇的に改善し、体重も減少したことで、歯周炎の治療の重要性を実感し、医師という立場から歯周治療の必要性や重要性を、ヘタしたら歯科医師以上に拡めて下さっている先生です。

すでに、日本医師会(歯科医師ではなく医師です)では口腔内のケアをすることで入院日数が短くなることなどを主体として、かなり口腔内の清掃、ケアに関しては注目が集まっているそうです。

日本医師会雑誌のメインタイトルに口腔ケアのことが載るほどの注目度です。

そこで、大きな問題となるのは、日本歯科医師会および多くの歯科医がその事実に対する意識がまだ追いついていないことです。

今回参加した「歯周内科」という概念も、歯科医師よりもむしろ医師の方たちにすごく反響があると聞きます。

そんな中で、今回参加した学会に所属している歯科医師先生方は、歯周炎を治すことで患者さんの健康状態を改善しようという意志を持った方が集まっているんだと思っています。

そんなわけで、西田先生のお話には、そういったエッセンスがたっぷりと詰まっておりました。

要するに、僕ら歯科医師の仕事というのは今の現状では考えられないくらいに重要だということなんです。

コンビニより歯科医院の数が多くて過当競争とかいわれて大変だねーって思われたり、

設け主義な歯医者が増えてきてて行くのも怖いとか、

マイナスな面を指摘されることも少なくありません。

現在の歯科医師の従来の感覚と知識だけではそれには及ばず、まだまだ勉強不足なんだと思います(あくまで、日本の全体の歯科医師を対象とした場合のことです。勉強されててすごい歯科医師の方も沢山いらっしゃいますのでご安心を。)。

虫歯や歯周炎があることが発覚したとき、削って銀歯でも入れてはい終わり。

また口の中が悪くなったら来てねーでは、本当の意味で患者は幸せにならないのです。

虫歯や歯周炎が発症しないように、長期に安定させてあげることが重要なのです。

そのためには、毎日摂取する栄養のことや、お口の中や胃腸の中に存在している菌のお勉強が欠かせないのです。

私の父は歯科医師です。

父が一時期よく口癖のように言っていた言葉があります、

「臨床では机上の勉強はあてにならないし、使えないんだ。現場に出て手を動かすことが大事なんだ。」と。

その発言はたしかに、外科的な手技を学んだりテクニックを身につけることに繋がると思います(厳密に言えば、外科の手技などテクニックなどの部分においても、論文データなど理論はかなり大事)。

少なくとも、従来の歯学部生徒に対する教育内容や、歯科医師国家試験に求められる知識のみであればそうなのかもしれません。

僕は、未だにその発想には全く賛成できません。

僕ら、歯科医師はテクニシャンという側面を持っており、腕を磨くことは最低限不可欠であり、手先はある程度器用であったほうが良いと思います。

しかし、僕らも人間ですから、歳をとれば目も見えにくくなり、手先もうまく動かなくなってくる。とっさの判断も鈍くなり運動能力が落ちてきます。

もっと大事なことは他にあり。

歯科医師は、実際に手を動かして処置や手術をするような「外科的」「テクニシャン的」な側面と

薬の処方などを主体に症状を抑えていく「内科的」な側面と

栄養指導や体質改善を目的とした「neutrition doctor(栄養を用いて疾患を治す医者のこと)」「漢方医」のような側面など色々と持ち合わせている必要があり、

突き詰めていくととてもやりがいがあり、高度な職業だと思います。

僕ら歯科医師はもっと大きな可能性を持った職業だと思っています。

そのためには机上の勉強は欠かせないです。 

先程お名前を挙げた西田先生の発表の中にもありましたが、日本糖尿病学会が歯周病の治療は糖尿病の治療に有効であることを提唱する時代がきました。

その事実を患者さんに伝えてわかってもらうのは正直言って一苦労です。

さらっと説明しただけではわかってもらえないこともあります。

西田先生のような医師の方がたくさんいらっしゃれば違うでしょうが、僕ら歯科医師からもどんどんその必要性を説明していく必要があります。

身体に起こる様々な問題(肥満、生活習慣病、心筋梗塞、脳梗塞、認知症などなど。。。)が、日々の食事を原因として起こってきていることがとても多いということがわかってきていますが、実際に医師にかかられる方たちは基本的には「症状が何か出てから」医師にかかる方が大多数を占めていると思います。

歯科医院でも、お仕事が忙しい患者さんが来院されることも多く、本来は治したほうがよいような歯も、痛くなければ放置してでも仕事を優先していらっしゃいます。

それを日々の食事から身体を作り、虫歯や歯周病、更には全身の疾患が発症しないようにする手助けができればどんなにやりがいがあることでしょう。

僕も、もちろん患者さんも、歯を削ったり、身体にメスを入れるのは嫌なものです。

その頻度を減らし、長期に安定を得る食事療法は本当にスーパー有用だと思います。

摂取しないほうがよい栄養素、摂取したほうがよい栄養、現在の日本には摂取しないほうがよい栄養素も溢れていますので、しっかり選んで患者さんと一緒に健康的な生活を過ごせるようになるのが今から楽しみです。

お口のスメルハラスメントってご存知ですか?

歯科医師の手塚です。

 

 

スメルハラスメントってご存知ですか?

 

ここ最近、テレビやネットニュースでも話題になることが多く、

 

社会問題の一つにまで発展しています。

 

自分が気付かないうちに、自分の体臭や口臭が他人に不快な思いをさせている可能性があるというのが、この問題の趣旨です。

 

今回は、お口の中から発せられる口臭に焦点を当ててお話したいと思います。

 

 

1.歯周病になると強烈な口臭が出る?

 

歯周病は、生活習慣と密接に関わっており、単純に言えば、

 

歯磨きをサボって生活している方がなりやすい疾患です。

 

お口の中に食べカスが放置されると、

 

その食べカスの糖分を求めて、

 

口腔内の常在菌が増殖します。

 

常在菌の数が増えるとその中には、歯と歯の間など酸素が行き届かない場所で

 

嫌気性菌といって、酸素のないところで生活する細菌か勢力を増してきます。

 

主にその嫌気性菌が発する匂いが最も臭いです。

 

また、その匂い成分や細菌の塊は、唾液乗って口腔内を漂流し、

 

やがて舌の表面にこびりつきます。

 

これを舌(した)の苔(こけ)と書いて

 

舌苔(ぜったい)と呼びます。

 

 

2.舌の表面もしっかり磨きましょう。舌ブラシを購入するか、柔らかいブラシでケアしましょう。

 

根本的な原因は歯周病であったとしても、

 

舌苔が主な口臭の原因になっていると言われています。

綺麗に歯磨きをして、歯間部の汚れはフロスか歯間ブラシで除去して、舌の表面を後ろから前に一方向に撫でるように掃除してあげれば口臭はかなり改善するはずです。

 

 

3.そもそも磨けているかどうかのチェックや、歯石の除去はお好きな歯科医院で。

 

では、どうしたら磨けているかどうか、歯周病が発症していないかどうかわかるんでしょう?

 

その時に頼っていただきたいのが我々歯科医師です。 

 

社会問題にもなっている、スメルハラスメント。

 

髪の毛から、体臭から口臭から、ケアしなきゃいけないポイントは多いかもしれませんが、

 

口臭に関しては我々歯科医師がお手伝い致します。

意外とスポーツマウスガードが必要かもしれないスポーツって?

 

歯科医師の手塚です。

 

 

今回のお題は、スポーツマウスガードの重要性についてです。

 

 

身に危険が伴うようなスポーツや、格闘技などにおいて重要な防具の一つがスポーツマウスガードです。

 

頭にかぶせるのがヘルメットなら、

 

 

スポーツマウスガードも、歯にかぶせるヘルメットのようなものです。

 

 

特に、スポーツの外傷などは、前歯を折ってしまったりすることが多いため、

 

前歯を折ってしまうと見た目がかなり間抜けな印象になってしまいます。

 

 

 

今回のブログのタイトルにもなっていますが、意外とスポーツマウスガードが必要と思われるスポーツは多いです。

 

 

例えば、自転車。マウンテンバイクやロードバイクを乗りこなしている方たちにも推奨したいです。

 

 

自転車を運転中は、ハンドルを握るため、基本的には両手がふさがってしまいますよね?

 

 

自転車が前に転倒してしまったとき、、

 

両手がふさがっていて、ぶつける場所は間違いなく顔面でしょう。

 

 

当たりどころが悪ければ、鼻や目をぶつけてしまうこともあるでしょうし、

 

歯が折れてしまうことだって十分に考えられます。

 

 

よって、自転車の運転には、ヘルメットとマウスガード両方が必要であると考えます。

 

 

 

近年、自転車ユーザーがとても増えたように思います。

 

 

その分、ひどい交通事故なども激増していると聞きます。

 

 

チャリンコユーザーの皆様、ぜひマウスガードの着用を!