歯科・栄養・予防医学の発表をしてきました!

どうも、歯科医師の手塚充樹です。



先日、歯科における栄養の重要性について発表をしてきました。



現在、パートナードクターとして勤務させていただいている鴨宮駅前の青山デンタルクリニックではランチョンセミナーとしてスタッフ向けに時間を作っていただき発表を行いました。





また、所属しているスタディーグループASC(Azabu Study Club)でも発表を行いました。




タイトルは題して、「Why nutrition is important for dentistry? なぜ歯科で栄養学なのか?」です。


背景


自分が栄養に興味を持った経緯から、人生100年時代への突入・医療業界の変革・現代の国民の栄養素の摂取状況などについて背景を述べました。また、歯科の臨床に即した話として、咀嚼と栄養素の種類についても触れました。


少し突っ込んだ内容も盛り込みました。


分子整合栄養医学(オーソモレキュラー)について、この分野が始まったきっかけや、考え方について。


血液検査データの解釈の仕方が従来と違う点などを紹介しました。


なによりも、患者さんの健康寿命・幸福寿命を延ばすためにむし歯の治療・予防、歯周病の治療・予防が重要で。


歯科は健康に寄与するチャンスの宝庫

栄養学・予防医学などの知識を使ってむし歯・歯周病の予防を行えば、将来的には生活習慣病の予防にも繋がっていくというチャンスが歯科にはあると思います。


その力を、患者さんにも知ってもらいたいですし、同業歯科衛生士さんなどのコメディカルの方々にも是非知ってもらいたいです。






歯科が、この図のように、医療業界の中で水道の蛇口を閉める役割を担う。

歯科の中でも、水道の蛇口を閉めるための診療を行う意識を、発表を行ったことでさらに強く持つようになったような感じがします。






スポンサーサイト

幸福寿命を延ばす!歯科のパワー!

歯科医師の手塚 充樹です。


今回のブログは「幸福寿命」についてです。


よく使われる言葉としては似ているものに「健康寿命」があります。

人が亡くなるまでの期間は寿命ですが、幸福寿命は人が幸福感を持っていられる期間を表す言葉、健康寿命は人が健康感を持っていられる期間を表す言葉。


先日、参加してきた「百寿社会の展望」シンポジウムで用いられていた言葉が「幸福寿命」です。



人が幸福感・健康感を実感する理由を、長寿の方々にアンケート調査をしたところ、

1位 病気がないこと
2位 美味しく飲食ができること

だったそうです。

病気については様々な病態が考えられるため、要因が多くあがりますが、

美味しく飲食ができることに関して言えば、なんとなく、健康な歯があれば実現できそうですよね。

もちろん、精神的な背景として、家族など自分以外に一緒に飲食してくれる仲間がいることも大事でしょう。

経済的な背景として、自分が食べたいものを購入したり、飲食店でサービスを受けたりするために資金があることも大事だと思います。



噛める人と噛めない人の食べれるもの・食べれないもの


例外的に、歯がある程度しか残っていなくても、残っている歯を使って上手に飲食されている高齢の方を拝見した記憶があります。それもそれでありだと思います。


が、一般的には

よく噛める人と噛めない人では、以下の図のようになります。




よく噛める人→ タンパク質・良質な脂質・ミネラル・ビタミンを摂取できる量が多い。

噛めない人→ 糖質の割合が増え、その他の栄養素が不足しがちになる。


噛めない人が低タンパク栄養を続けることで身体の中のアミノ酸を使い始めてしまうので、筋肉が痩せてきます。

結果的に、高齢の方がつまづきやすくなったり、転倒して骨折してしまったりするリスクが高まる可能性が示唆されます。

骨折してすぐ治ればラッキーですが、場合によってはかなり後の生活に支障をきたすこともありますので注意が必要です。


100歳以上生きる人の割合が増加


今までの日本と違い、今後は国民の寿命が延び、100歳以上まで生きる方が増えると言われています。

予測では、先進国では2007年以降に産まれた人は100歳以上まで生きる人が50%はいるだろうということも言われています(日本は107歳以上)。

そんな時に考えなきゃならないのは、100年ある人生の中で何歳まで仕事をし、どのように生きていくのか。


ライフプランの変革

ライフプランが今までとは大きく変わってくるということです。

仕事も一種類に限らず複数の仕事をしたり、生き方も改革が起こってくると言われています。


医療業界もパラダイムシフトが起ころうとしている


医療業界もまさに、パラダイムシフトが起ころうとしていて、対症療法に偏った医療や入院に頼った医療では限界があることがわかってきています。


そこには、

医療を提供する方の私たち側の変革もそうですし、

医療を受ける側の人達も今までの意識を変えていく必要性が求められています。


「何か問題が起きたらその時は医者に診てもらえばいい」

「病気になっても、その病気に効く薬を出してもらえば治る」

「歯科医院は歯が痛くなったり、歯ぐきが腫れたら行くもの」


といった感じで、今の一般的な感覚では、問題が起こってから行くのが病院というのが普通かと思います。


歯科が全身の健康のキーパーとなって幸福寿命を守る

歯科に患者さんが訪れた時、(患者さんの目的は歯の痛みを取り去ることだっとしても……)食生活や習慣や全身の状態から、全身の問題点を検出できることが多くあります。



私たちが担当しているお口の病気もそうですが、私たちプロの目から見たら問題が起こっていたとしても、患者さん本人は何も痛みは感じていないことがあります。


病気の元が身体の中に出来てから、発症するまでは約20年かかると言われています。


今の身体の状態が元気だと思えても、20年後の発症に向けて動き出してしまっている可能性もあるのです。


私はそのために全身のことについての知識を日々増やしています。

具体的には、血液検査の状態から現在の栄養状態を評価したり、唾液の酸性度など質を調べたり、お口の中のデータだけではなく、全身のデータとなるものを拝見させていただいて今後どのようなことに気をつけて行くべきかをアドバイスさせていただきます。


口を全身の一部としてとらえた診療の質を高めていくため、今後も知識をアップデートしていく方針です。




それぞれの人がそれぞれの人に合った形で、生き生きと長く、健康で幸福な生活を永く維持できるように、ぜひ全身予防歯科を活用してみてください^^



-------------------------------------------------------------
手塚 充樹 
Mitsuki Tezuka
歯科医師 博士(歯学)
D.M.D. Ph.D.
ジンデンタルクリニック院長
テヅカ歯科クリニック勤務
Instagram mitsuki.tezuka


=================================
テヅカ歯科クリニック
〒105-0004 東京都港区新橋3-4-8 昌栄ビル2F
TEL 03-3503-1182
FAX 03-3501-0355
URL tezuka-dc.com

==================================
ジンデンタルクリニック
〒210-0006 神奈川県川崎市川崎区砂子2-1-14 2F
TEL 044-210-0019
FAX 044-210-0019
URL jin-dc.com

   


予防補綴のススメ。~むし歯治療にセラミックをうまく活用しよう~

どうも、歯科医師の手塚 充樹です。

今回のテーマは題して

「予防補綴のススメ。~むし歯治療にセラミックをうまく活用しよう~」です。

なぜ、予防とセラミックが関係あるのか

なぜ、こんな記事をつくるのかというと、セラミックで歯を治すことの利点は見た目の改善だけが目標ではないからです。


なんとなくセラミックと聞くと、「前歯の治療に使うものでしょ」とか、「奥歯はあまり他人から見えないしセラミックは入れなくても良いかな」とか考える方もいらっしゃるかと思います。

しかし、もっと患者さんの「身体」に対して意味のあることなんです。

それは、セラミックは、天然の歯と似ているからです。

以下、その理由を5つにまとめてみました。

セラミックが天然の歯と似ている理由。


1.歯ぐきと仲良し

銀歯の被せ物が入ると、歯ぐきは経年的に下がってくることが多いです。銀歯のそばが真っ黒になっていることもよくあります。

それに対して、セラミックは適切な形で被せ物を作れば、むしろ歯ぐきが増えてくることも知られています。

擬似エナメル質(ヒトの歯の表面にある結晶構造の石のような部分をエナメル質と呼びます)と呼ばれることもあるくらい、歯のモノマネをしてくれるため、歯ぐきがあたかも自分の天然歯と勘違いしているかのごとく、寄り添ってくれます。



2.温度変化から受ける影響が似ている

私たちのお口の中は、体温と違って、実に温度変化が激しい場所です。

体温って、熱が出たりしても大体3℃くらいの違いですよね。

お口の中に入る、食べ物や飲み物の温度って、場合によっては熱いスープなどは80℃くらいだったり、氷水は4℃くらいだったり、かなり温度差がありますよね。

実は、加熱膨張といって、私たちの歯や詰め物は、加熱によって膨らんでいます。

そのため、日々起こる温度変化によって、寸法(サイズ)変化を繰り返し、詰め物が歯からズレてきて、隙間があき、接着剤が唾液で溶かされ、新たなむし歯を作ってしまうこともあります。


そんな日々のサイズのズレを最小限に抑えてくれるのがセラミックです。

セラミックは加熱膨張する度合いが歯に似ているため、日頃の温度変化でズレてくる心配が少ないと考えられています。



3.アレルギーを起こさない

お口の中に起こるアレルギーとして、金属アレルギーというものがあります。

日本の歯科医療で使われている銀歯の素材は「金銀パラジウム合金」というものがほとんどで、色んな金属が合わさってできています。

その中でも、パラジウムを含んだ銀歯については、最近ドイツやヨーロッパ諸国では、注意喚起が出されています。

子供やこれから妊娠する若い女性などには入れないようにしようというもので、アレルギーのリスクを心配しているのです。


すでに銀歯が入っている方でも、アレルギーの症状が出ていない方もいらっしゃるかと思います。

アレルギーの発症は急に訪れます。アレルギーはコップに溜まっていく水の話で例えられることがあります。

みんな人それぞれアレルギーに対して耐えられるキャパシティーがあり、それを上回った時にアレルギーが発症するという考え方です。

お口の中に銀歯が入っていると、歯や食べ物で擦れたりして、金属の破片が口腔粘膜(頬の内側など)から吸収されています。

粘膜は皮膚よりも物質を吸収してしまうため、皮膚に金属を接触させているよりもリスクが高いと考えられます。


その点、セラミックはアレルギーを起こすリスクがとても低いと言えます。



4.歯とよく接着する

金属との比較になりますが、金属のつめ物やかぶせ物は、歯とそんなに良くつきません。


よく、古くなった銀歯を除去する時に、ある程度削ると、はじけ飛ぶ様にボロっと取れることがあります。

もう、ほとんど歯とは接着していない証拠ですし、接着剤もそれだけ溶けて失われるということです。


その点、セラミックは歯とよく接着します。

逆にしっかり接着させないと、セラミック本来の強度や耐久性を発揮できないとも言われています。

よく接着するということは、それだけ新たなむし歯に繋がりにくいといえます。



5.硬さが似ている


セラミックの中でも、強化型ガラスセラミックと言われるものは、硬さも歯と近いです。

天然の歯も、長い年月が経ったりすればすり減ってきます。

あまり歯より硬すぎたりすると、天然の歯だけがすり減って(酸による場合もある)、つめ物が相対的に浮いてしまうことがあります。


セラミックのようになるべく歯と似ている素材を治療に用いることで、

歯と一体化してくれ、身体に優しく、新たなむし歯を作りにくいお口の中を作っていくのに強力な助けとなってくれるはずです。



これから、新たにむし歯を作りたくない方はぜひ参考にしてみてください。




-------------------------------------------------------------
手塚 充樹 
Mitsuki Tezuka
歯科医師 博士(歯学)
D.M.D. Ph.D.
ジンデンタルクリニック院長
テヅカ歯科クリニック勤務
Instagram mitsuki.tezuka

=================================
テヅカ歯科クリニック
〒105-0004 東京都港区新橋3-4-8 昌栄ビル2F
TEL 03-3503-1182
FAX 03-3501-0355
URL tezuka-dc.comホームページ

==================================
ジンデンタルクリニック
〒210-0006 神奈川県川崎市川崎区砂子2-1-14 2F
TEL 044-210-0019
FAX 044-210-0019
URL ホームページ
Instagram jin.dental
   



歯を削らない治療 ダイレクトボンディング

どうも、歯科医師の手塚 充樹です。


今回は、歯をなるべく削らないシリーズをお送りいたします。


なんで歯を削らないシリーズをブログで紹介するのか?


その理由は、歯の治療は完璧なものではなく、歯を沢山削れば削るほど、新たな虫歯ができるリスクを高め、どんどん歯が小さくなっていったり、失ってしまうからです。


当然、治療には完璧を求めています。また、なるべく永続性がある治療法を提案しています。


しかし、正しい栄養摂取と、ブラッシング、天然歯の三種の神器にはかないません。


でも、虫歯になっちゃったんだからしょうがないじゃん。
どうすれば良いの?

という疑問を解決する治療法の1つがダイレクトボンディングです。



歯を削らない治療 ダイレクトボンディングとは?



「ダイレクトボンディング」

僕らの職業に触れている医療従事者の方じゃないと、聞きなれない響きかもしれません。


ダイレクト=直接 、 ボンディング=ボンドでつける??


大体そんなような意味で間違いはありません。


この治療法では、歯に直接強力に樹脂(プラスチック)を接着させます。


普通、詰め物や被せ物などは、セラミックと歯に接着剤を用いてくっつけます。



ダイレクトボンディングでは、「治療に使うプラスチックが、接着剤とつめ物両方の役割を果たします。」



ダイレクトボンディングはどんな時に使える?


小さめの虫歯は大の得意




先ほど述べたように、ダイレクトボンディングの場合、使う材質は樹脂(プラスチック)です。


セラミックや金属と比較すれば強度が劣ります。


そのため、歯の噛み合わせが当たる部位を全面覆う場合などには、不利になります。



あくまで小さな虫歯までが最適な適応となります。




ダイレクトボンディングは、歯を削らない以外には利点はある?


あります。


術者の技量に大きく左右されますが、かなり本当の歯に似せることが可能です。


色調が多様であり、歯に直接くっつけるので色の馴染みも良く、境目もかなりわかりにくくなります。


銀歯など金属の歯はもちろんのこと、セラミックなどでも、上手に色合わせをしないと


「the ここに詰め物が入っています」状態になります。


歯の溝のところに茶色などの濃い色をつけることも可能なんですが、恐らく、上手に色付けしたら、ほかの歯科医師が虫歯と勘違いして削り取ってしまいそうなくらい似てます。


虫歯と診断されそうになったら「ダイレクトボンディングで治されているところなので大丈夫です。」と担当歯科医師に言わないといけないですね。



ダイレクトボンディングは虫歯の治療以外にも使える?


使えます。


どんな時に有効か。


①すきっ歯



この場合はかなり有効です。
被せたり貼ったりする方法もありますが、ダイレクトボンディングは歯を削る量の少なさがピカイチです。



②歯が折れた

折れてなくなってしまった歯がどの程度か、噛み合わせがどのようになっているかにもよりますが、上記と同様に歯を削る量が少なく済みますので有効です。






ダイレクトボンディングは何年くらいもつ?


材料や、食生活によっては、メンテナンス、再研磨が必要となります。


他の治療法にも当てはまる部分もありますが、表面に色がついたり、境目が目立ってきたりすることもありますので数年に1回くらいはチェックしておいた方がよいですね。



-------------------------------------------------------------
手塚 充樹 
Mitsuki Tezuka
歯科医師 博士(歯学)
D.M.D. Ph.D.
ジンデンタルクリニック院長
テヅカ歯科クリニック勤務
Instagram mitsuki.tezuka
Blog 歯科医師 手塚 充樹

=================================
テヅカ歯科クリニック
〒105-0004 東京都港区新橋3-4-8 昌栄ビル2F
TEL 03-3503-1182
FAX 03-3501-0355
URL ホームページ

==================================
ジンデンタルクリニック
〒210-0006 神奈川県川崎市川崎区砂子2-1-14 2F
TEL 044-210-0019
FAX 044-210-0019
URL ホームページ
Instagram jin.dentalclinic
   



















実体験。ビタミンCを始めとする栄養素の風邪予防(治療)効果。

歯科医師の手塚 充樹です。


高用量のビタミンCと風邪について


今回は私自身の実体験についてお話します。


高用量の栄養素によって、自分の風邪症状を改善できた話です。


オーソモレキュラー(分子整合医学)という医学の知識にふれてから、ある意味実験的に自分の身体にサプリメントを投与して健康状態に良い効果が現れるかどうかを試してかれこれ1年間以上になります。


最近、東京には大寒波が訪れたり、インフルエンザのB型が大流行しているようで、私の周りの人達でもインフルエンザに罹患している方々が実際にいらっしゃいます。


知らず知らずのうちに電車の中や、街中、私の場合は仕事場の医院内などで、インフルエンザや風邪のウィルスに感染してしまった方とも接触しているわけですよね。


今、私がこのブログを書いている電車内でも、両隣の方がマスクをしていて恐らく風邪を引いてグスングスンいっていてヒヤヒヤしてます...^^;


先日、私の身体に異変が起こりました。


今まで、サプリメントの効果か、めったに風邪をひかなくなって、なんか風邪っぽいと思ってもちょっと身体に?マークがつく程度で勝手に良くなってしまっていたんです。


しかし、今回ばかりは、なんだかおかしい。

朝の起床時から頭痛の1歩手前のような違和感と、ダルさ、ちょっとだけ寒気、測っても熱はないんですが、外はめちゃくちゃ寒いし仕事場も自分が医院についてから暖房で温まってくるまでけっこう時間がかかります。


だんだん辛くなってきたんですが、患者さんが来院されてきているので平静を装いいつも通りを意識して患者さんと会話をせざるを得ない状況。


「どうしよう。辛いな~...」と思いつつ、、


そこで思い出しました


「そういえば、ビタミンCは濃度によって現れる効果が違って、ビタミンC3000mgの摂取で風邪予防効果が得られる!!!」


という情報を。



カバンの中にいつも入れてあるビタミンC1000mgの顆粒サプリメント。




「3包一気に飲んでみるか!(ビタミンC1000mg×3包=3000mg)」


ビタミンCを点滴投与じゃなくて、内服投与で3000mgでも効果が出るのかどうかわかりませんが、とにかく今元気になるためにやるしかないと思って、3包一気に飲んでみました。



そうしたら、朝から昼に向けて少しずつ感冒症状(ゾクゾクしたりダルい感じ)は改善してきました。



カバンに入れてあったビタミンCはそれで飲み干してしまったので、


昼食のあとは念の為、これまた風邪予防に定評のあるビタミンDのサプリメントを服用しました。


あとは、昼食に摂取した糖質をエネルギーに変換するために必須のビタミンB群のサプリメントも欠かさずに飲みました。


それでなんとか1日の診療を乗り切ることが出来ました。



しかし、「まだイマイチ本調子ではないな...」


という感じで気力はまだ元気な時には戻りませんでした。


次の朝、まあまあ元気になりましたが、頭がボーッとする感覚などまだまだ絶賛不調中って感じでした。


そこで、


「もう一発、ビタミンC3000mgいってみるか」


と思い立ち、朝から3包一気に服用しました。



すると、元気になったわけではありませんが、その日の仕事は問題なく乗り切れましたし、


その日の仕事の中には深い親知らずの抜歯手術なども含まれていましたが、問題なく集中して行うことが出来ました。


そして、その日の夜は家でゆっくりしながら就寝しました。

次の日。

ビタミンC3000mgを2日服用して、症状はかなり改善し、その日は親知らずの抜歯手術などを中心として手術ばかりを行う日でしたがしっかり元気に集中して行うことが出来ました。


そして、念の為、ダメ押しのために

ビタミンC3000mgを3日目も服用しました。



私の場合は、代診の先生がいるわけではありませんので、安易に休むわけには行かない状況ですので、


内科の先生にもお世話にならず、栄養素の補強によって症状を改善できたことは大変助かりましたし、風邪を自分の身体で治しているため、なんだか症状改善後もスッキリです!


熱が出てしまった場合など、すぐに解熱剤を使って熱を下げて楽になろうと考える方もいらっしゃるかもしれませんが、

熱を上げることでウィルスをやっつけようとしている状態

なので、相当辛い熱で動けない場合など身体に危険が及ぶ場合を除いては、しっかり発熱してウィルスをやっつけて風邪を退治したほうが早くすっきり治ります。


今日の自分は昨日食べたもので出来ている。

会社で働いている周りのお仕事仲間に風邪をうつさないようにするため。

自分のお客さんに風邪をうつさないようにするため。

自分の子供に風邪をうつさないようにするため。



身体を補強してあげる意味で、高用量のビタミンC摂取などはオススメできる方法なのかなと思う今日この頃でした。




-------------------------------------------------------------
手塚 充樹 
Mitsuki Tezuka
歯科医師 博士(歯学)
D.M.D. Ph.D.
ジンデンタルクリニック院長
テヅカ歯科クリニック勤務
Instagram http://instagram.com/mitsuki.tezukamitsuki.tezuka

=================================
テヅカ歯科クリニック
〒105-0004 東京都港区新橋3-4-8 昌栄ビル2F
TEL 03-3503-1182
FAX 03-3501-0355

==================================
ジンデンタルクリニック
〒210-0006 神奈川県川崎市川崎区砂子2-1-14 2F
TEL 044-210-0019
FAX 044-210-0019
URL ホームページ
Instagram http://instagram.com/jin.dental